スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ハートビート

※後半の方に映画のネタバレを含んでおりますので、記事を読まれる方はお気をつけ下さい。

こんばんは。本当はこんなことをしている場合ではありません。いつも通り。
月曜日に出向先を決める面談があるのですが、要求されるスキルはAndroid/iOS開発に関する技術です。
当然と言うのはやや問題があるかもしれませんが、ぼくはほんとひとさじくらいしか触ったことがないのでほぼ希望がありません。
この連休でなんとか付け焼き刃程度の知識を身につけていかねばならないのですが、そんなことに意味があるのか?いやきっと将来的に有意性は持つと思うので全く無意味ということはないのでしょうが、なんというか…。

本質的なことを言えば、出向先で働いて初めてその求められるスキルが身についていくんだと思うんです。でも実際には要求されるスキルを持っていなければ採用されることはありません。
ではどうするか?ウソをつくんですね。
厳密に言えば100%のウソをつくわけではなく、100%の真実を120%にしたり、150%にしたりします。いわゆる「盛る」というやつです。
が、非常に残念なことにぼくはウソをつくことよりもこの「盛る」というやつが苦手です。
盛るというのは誤魔化すのと相違ないと思うんですよね。突っ込んだことを聞かれたらそこで終わりです。

就活のときもそうでしたが、ないものは用意できないと思っていたぼくは基本的に何も用意していませんでした。
結果、どこに行ってもほぼ門前払いを食らっていたわけですが、最後の方ではなんとか絞り出すように盛ることを本能的に実践していましたが。
今回はまだその本能が呼び起こされていません。念の為言っておきますが、これは長い言い訳です。

面談だけならまだいいですが、今やっている開発でもAndroid/iOSを扱っています。ここでもぼくは無知をさらけ出しています。
いや、さらけ出して恥も何もないのであればぼくもここまで苦労はないかもしれません。
恥辱を躊躇い、知ったかぶってもう半年が経過しました。まだ間に合うのでしょうか?
部分的に知っているフリをするのは本当に無意味なことです。無意味な上に、誰も得をしません。一番自分が損をし、後悔をします。
頭では、わかっているつもりです。
不毛なのでこのあたりにしておきましょう。


話はガラッと変わりますが、ブログのテンプレートを何年か前に使用していたものに変えました。ついでにタイトルも。
10年も前の話になりますが、もともと「event of the sky。」というタイトルでこのブログがスタートしました。ですが気分屋だったぼくは、いろんなものに影響されながらブログタイトルを取りやめては変え、取りやめては変え…を繰り返していました。
しばらくはこのタイトルで続けられたらいいなと思います。とはいえ、いつまで続くかもわからないブログですけれど。
頻度は低くても、長く続けたい。


そういえば先日「君の名は。」を観賞してきました。恋人はだいぶ前に鑑賞済みだったようなので、とりあえずそれを口実に黙って一人で行きました。
まあ他にも理由はいくつかあって、
・ぼくの居住地の近所に映画館があること
・恋人はオチを知っているので、観賞直前に何も吹き込まれたくなかったこと(言うなと言えば何も言わなかったとは思いますが)
・この手の映画を一人で鑑賞してみたかったこと

…などなど。1番目と3番目が結構理由としては強いかもしれません。最寄り駅から2駅で映画館があるので、そこで観られるのであればそうしてしまおうかなぁと。
3番目の理由は、実はこれこの手の映画とは言いつつおそらく人生の中で映画を一人で観に行ったことが一度もないんですよね、記憶が正しければですが。
余談ですが、人生で一番最初に観に行った映画はポケモンのセレビィの映画です。小学生の時の幼馴染と行きました。
どうでもいいですが、今の恋人も小学生の時の幼馴染といえば、あながち間違いではないんですよねぇ。
まあそれはいいとして、
せっかくなので、涙腺に来る映画を一人で観に行ったらどうだろう?と思いワクワクしつつ一人で行きました。

結果として、ぼくは結構感動したのですが、
ぼくが感動したシーンというのが発電所を爆破するシーンの前後くらいで一番感極まってしまって、あのへんがピークでした。
その後の三葉の「あの人の名前が思い出せない!」でびっくりするくらい醒めてしまったのですが、ぼくは変でしょうか。
ラストシーンもぼくが感動したシーンに比べれば大したことはなく、まあ目の湛えた涙を頬に伝えさせる一助となった程度で、最高のラストとは別に思いませんでした。そんな触れ込みもない映画だとは思いますけども。

どうやらぼくは疾走感とか必死さが伝わってくるシーンにめちゃくちゃ弱いみたいで、人が本気になって動いている姿がたまらなく好きみたいです。
それも一筋縄ではいかないことをどうしてもやらなくてはいけない、出来るか出来ないではなくやる、という姿勢に感動してしまいます。理由はわかっているんですが、ぼくには出来ないことだからなんですよね。
だから再放送でポケモンの第一話を観たときもピカチュウを助けようと必死になったサトシに感動して号泣しましたし、負荷領域のデジャヴで必死に岡部を救う牧瀬にも感動しました。(まあ後者は物語の構成はよかったものの、展開の節々に疑問が残るばかりでしたが)

ダレて来たのでサクっと終わりにしますが、自分にはないものの本気の姿を見せられると心打たれることもあるのかもしれません。
時としてそれは嫉妬や憎しみにも変わってしまいますがね。

時間も時間ですので、終わります。

スポンサーサイト
03:38 | 雑記 | comments (0) | edit | page top↑

あなたどこへやら

お久しぶりでございます。
こうした間の空いた更新の時には毎度冒頭で言わせていただいておりますが、
(気になる人はいないでしょうが)ぼくの現況について知りたい方はTwitterをご参照ください。しょうもないツイートで日々を空費しております。
更新した記憶があまりないのですが、一月ちょっと前にブログを更新していたようです。あまりにも不定期な更新になっているため、いつ、どんな内容で更新したのか覚えておりません。今日もまた同じ。
体調もよくないので適当に切り上げて終わりたいと思います。書くこともそんなに多くはありません。

以前、人間関係ってうまくいかないし面倒くさいなという記事を書いたと思うのですが、先日その問題の相手とサシで飲んできました。
というのも実は本当であればもう一人友人を交えて3人で飲む予定(このメンツでの飲みは以前にも一度あった)だったのですが、あいだの一人が体調を崩し当日欠席ということで、結果としてサシ飲みになったという次第です。
なんでこんな話を急にし始めるのかといいますと、実は今でこそ関係が絶たれているフォロワーのうちで、当ブログをリンクしてくれていた人物がおり、その人物のブログから辿って当ブログを閲覧できていた時期があります。
端的に言いますと、ちょうどぼくが当時人間関係で憤慨した記事を、その内容に該当する人物がその時読んでいたそうなのです。
ということをサシ飲みの場で打ち明けられました。やれやれです。

ぼくは人の不満をまったく見えない場で言い放つことができないというか、あえてしない傾向にあるみたいで、見せる気もないし、見られたら実はちょっとまずいかなといった内容のものを完全な秘匿状態の中で垂れることってあまりないんですね。
ぼくのちょっとした性癖なのかもわかりませんが、何かのはずみでここが閲覧され、不満を述べた相手が閲覧してしまったらどうだろう?などと考えるわけです。
まあ単純に若干離れて隠れた場で好きなことをぶちまけられる場所って今も昔もこのブログくらいしかないわけで、大層なことは考えていないと思うんですが、ある程度のリスクに目を瞑ってしまいがちなようです。

ま、成り行きとはいえ面白い話も聞けたことで、結果的にサシで飲めてよかったなとは思っています。彼もぼくのことはそれほど悪く思っていないみたいなので、ありがたい話です。
でまあこの話のオチとしては、その当時の記事の時に遊んだぼくと、彼ら二人というのが、サシで飲んだ人物が一方的に距離を置いてしまい、一時的に関係が途絶えてしまったのですが、いつの間にやら関係が修復されて、距離を置いた彼に至っては以前より好意的に思っているらしくて、呆れながらもひとまず安心しました。
ぼくはどちらの人物も根は良い人たちだと思っていますし、人間的な深みもある、話がわかるタイプの人たちだと付き合う中でわかっている(ぼくの中でそう結論づいている)ので、そうした二人が仲良くなってくれるのは、ぼくとしては非常に嬉しいことです。

とはいえ結局ここはインターネットなので、どうしても関係が軽薄になりがちです。どんなはずみでまた関係が壊れるかもわかりませんし、これは彼らに限った話でもありません。明日は我が身というやつですな。
しかし逆に、インターネットという場を借りて、関係を現実よりもリアルにさせるようなこともありうるんですよね。最初からナマの人間づきあいがあったからといって、いつまでも続くわけではありません。
今や入り口がどうあれ、結果的に本当の人付き合いが出来れば過程が関係ないような時代になってきていると思います。
一昔前じゃネットで知り合った人間が実際に会って話すということはタブーと言われるほど危険視されていましたが、今では知りあえば「じゃあ今度会って遊ぼう」と軽く言い合えるところまで人間関係がやりやすくなってきました。
まあこの現代の「気軽に出会えてしまう」風潮は極めて両面的で、人間関係が構築しやすい一方で、知らない人間に気軽に会えてしまう危険性を感じにくくなっているという問題もあるので、危機管理能力、この場で換言するとすればネットリテラシーが重要視されてくると思います。

さて、どうしてこんな堅苦しい話題になってしまったのかよくわかりませんのでこの話題はここで切り上げます。
仕事の話でもしますかね。するようなこともありませんけども。
ぼくの仕事の話をする前に、このブログを読んでくださっていたいつぞやの人々はもうほとんど読んでいないと思いますが、彼らは一体今何をしているんでしょうかね。
連絡を取ろうと思えば取れる人も幾人かおりますが、なんというか、たとえばTwitterでフォローしていてもなかなか訊きにくいことなんですよね、個人的に。

Twitterは、場合にもよりますが少なくともぼくは、あまりメタ的な発言をしないというか、ネタとしてそういう発言があっても、中の人に直接話しかけるような内容のツイートを直接ブチ込んでいくのがなかなか苦手であまりできません。
そういうことは鍵のかかったアカウントでやるようにしています。皆が皆そういうナマの話題を求めているわけではありませんしね。
面白ければいいというスタンスでやっている人や、特定の話題に非常に敏感な人もいて、多種多様なフォロワーを抱えた、いわば人種のるつぼと化したようなアカウントではデリケートな話題を出しにくいのが現状です。

まあ、なんか連絡取れそうな人いたらコメントしていただければな~と思います。
みんな、どこに行っちゃったんでしょうね。
勝手に抱いた感情ですが、少し寂しく思います。相手がそう思っているとは限らないですが、見返りの期待しない感情ということでここは一つ。

あ、ぼくの仕事ですか?
特記するようなこともないですが、画面の前の貴方が意識も高くない文系だとすれば絶対にITなんてやめたほうがいいですよ。
何も生まれない。
00:00 | 雑記 | comments (0) | edit | page top↑

学習障害

Twitter、やはり目に毒、身体に毒、脳に毒という見解しかありません。
ぼくが見るにはあまりにも情報量が多すぎますし、自分にとって有益な情報も極めて限定的です。最初から情報のソースを絞っておけばいいものの、必要性の有無にかかわらず全て手に入れようとしてしまう。
全て手に入れたいと思ってしまうのです。

時間がないので間のグダグダしい思考を全て書くつもりはありませんが、これだけは言えるな、と思ったことを書いておきます。
ぼくはこの先、周りの成長に逆流するように醜悪になっていきます。もう始まっているんです。
ぼくは自分以外の全ての芝が青く見える。輝いているように見える。いや、輝いているんですよ。一方で、ぼくはどうか。
芝さえも生えていないような荒廃した不毛な土地。

自分の立ち位置ばかりが気になります。ぼくは別にひとのナンバーワンになれなくたっていい、オンリーワンでありたい。
しかし、そんなことも叶わない。ぼくの代わりはいくらでもいる。ぼくである必要はない。
そもそも、ぼくは不要である、邪魔である。

とまあ最近はこんな感じです。その真偽のいずれは別として。ぼくにだってそんなことはわかりません、人の考えていることなんてわかりませんから。
いつか誰かが、皆が、ぼくを陥れにかかってくるんじゃないかとそういう疑心暗鬼に駆られることが増えました。
ぼくの心に余裕がなくなってきているのでしょうか。
電子の海に呑まれようとしているからでしょうか。
2バイト文字の羅列でしかない文章にこんなにも感情を揺さぶられ、また感情を注入しようとして、ぼくはいつからこんなにバカになってしまったのでしょうか。

着飾った文章を書けているうちが花でしょうか。
今週もまた始まります。
仕事はうまくいっていないという実感です。

00:37 | 雑記 | comments (0) | edit | page top↑

理想的一般論

7月になりましたね。梅雨に入り、夏になって、急に暑くなってまいりました。
今住んでいる部屋なんですが、大体常に30度あります。本格的な夏場に突入したら一体どうなるのか逆に楽しみです。

暑い時は仕方なくエアコンを点けるのですが、単純に冷房から点けても湿度が異常に高いせいかほとんど効いてくれません。
ドライでしばらく除湿した後に冷房に切り替えるとまあまあいい感じの室温と湿度になります。
ただ結構冷える感じもあるので、これは軽量鉄骨造のせいなのかもしれません。

仕事ですが、しばらく本社勤務となりそうです。
というのも、ぼくがどこの客席にも向かわせることが出来ないくらい無能なためなのかなと感じていますし、現に無能さを露呈させつつ本社で開発に携わっています。
本来であれば2日もかけずに渡されたソースコードを読解しなくれはならなかったのに、4日かけても結局ソースコードの読解を終えることが出来なかったんですよね。
だからと言って別に怒られるわけでもなく、「じゃあその作業はもういいので、次の作業やっちゃいましょう」なんて上司から言われ、ぼくは苦痛で頭がおかしくなりそうでした。生きていて、本当にすみません。

最近「一朝一夕」という言葉について考えることが多いです。ぼくが言いたいことは大体察しがつくと思いますが、
こういう技術や知識はそんなにすぐに身につくものではないと思うわけです。ですが、今ぼくがいるところは本社とはいえ現場なわけです。身につくとか身につかないとか、知っているとか知らないとか、そういう次元の話ではないんです。
結局やるかどうか、というところになってきます。やらないという選択肢は無論ないので、やるしかないんですよね。

しかしじゃあいくら「明日から頑張るぞ」と意気込んだところで、一ヶ月前からずっと考えてきたC#を明日からするっと理解できるようになるなんてことは流石にありえないわけです。
結局身になるのはもっとずっと先のことになるんじゃないか、でもそれじゃ今の仕事には間に合わない、どうすれば…どうすれば…と考えていると、本当に無駄な時間が過ぎているのだということがわかります。毎日、それだけです。本当に無駄。
考え方を考える時間ほど無駄だと感じる時間はそうないんじゃないかと思います。現にぼくは無駄にしか思っていませんし、でも良い解決方法が浮かぶわけでもなくて、八方塞がりだなあと思っています。

こちらもお金をもらっているわけです。ただ座っているわけにはいかないんです。
一体何をどうすれば、一朝一夕で技術をものにできるのでしょうか。いえ、技術をものにしなくてもいい、せめて書いてあることがわかるようになるには、どういった努力をすればいいのでしょうか。
こちとら日本語もうまく使えないようなFラン私文卒の新卒です。そんな脳みそ空っぽの人間が、IT業界に飛び込んでどうやって生き延びることが出来ましょうか。

周りで、同じように苦しんでいる人を見かけないのは、みんな賢いから、或いは、やったことがあるから、それだけなのでしょうか。
やはり向き不向きというものが間違いなく存在していて、ある程度のことは苦手でもそれなりに出来ると心の何処かで思っていましたが、本当に今回ばかりはダメなのかもしれません。本当に向いていないものをよりによって手にとってしまったのかもしれません。

「数学が苦手な人は向いていない」とよく言われるIT業界ですが、これは別に数字を扱うことが苦手だと難しい、という話ではありません。
また、「論理的思考力がないと難しい」と言われるのも、若干ズレている表現だと思います。冗長にはなりますが、以下に記す様なことをサッと出来ない人が向いていなんです。

数学の問題で、○○の公式を使って問題を解く、ということがあったとします。別に数学でなくとも、そういったショートカット的な理解を促す、物理や化学でも、なんでも構いません。
とにかく、一定の解を導出するための公式を利用するような問題を解くのに際して、この公式について、我々が最初にすべきことなのは、
"とりあえず"公式を覚えてしまうことです。なんだかよくわからないが、この公式を使うと今までやってた冗長な計算が不要になって一瞬で問題を解くことが出来る、なら暗記してしまおう。
こう考えるべきなんです。
端的に言えば、合理的な思考を持つと言えるでしょう。

では一例としてぼくの場合、どこでつまずくのかといいますと、

まず公式が後出しされたという事実に動揺します。なぜ?そんな公式があるなら初めから出してほしい、今までやっていた小難しい解法は一体なんだったのかと。すると、今までのことはすべて不要なのか?ではなぜやらされたのか?納得がいかない。
結局どちらを覚えておけばいい?どうすればいい?公式さえあればいいのか?いやだったら今まで何をしてきたんだ…?
そもそもこの公式、一体どういう仕組みになっているんだ?なぜこういうことが出来る?この部分、何を算出させるために存在している?なぜ?なぜ?なぜなんだ?いや、何なんだこれは?


ぼくはその公式の先にある真意を見ようとしてしまいます。無論、そんな理解力は到底持ちあわせていません。それがわかってしまえば公式が作られた背景まで見えてくるということになります。そんなことはぼくには出来ません。
ぼくには、"とりあえず"が出来ない。
"なんとなく"も、きっと心の奥底では納得できていない。
ひとまず置いといて、なんてもってのほかです。いやいや、なんでひとまず置いちゃうの?と。

物事を上から1つずつ、順番に考えていく学び方を、ずっとやってきました。
この勉強法が間違っているかどうか、自分ではわかりませんでした。いつの間にか身についていた、そしていつしかそれしかできなくなっていた、ぼくなりの勉強法でした。
そして今もその勉強法に縛り付けられ、時間が際限なくかかるだけの、途方も無い、得るものもわずかしかない、無駄な勉強を繰り返し、制限時間を守ることも出来ず、また理解も何一つ出来ておらず、苦しんでいます。

だったら勉強法を変えればいいだけだと思われるでしょうが、私は他の勉強法を知りません。やったことがありませんから。
やったこともない、知りもしない、しかもどこかに事細かく書いてあるはずもないような勉強法について、勉強することが、果たして出来るのでしょうか?これこそ現実的ではないでしょう。
ぼくはそういうところから、今一度やり直さなくてはならないところに来てしまいました。
いえ、本来であればこのようなタイミングですべきことではなかったのだと思います。大学生のうちに自身の勉強法の欠陥に早い段階で気づいておくべきだった。ぼくにはそれを知るすべがなかった。

ぼくは文章が10行あったら、一字一句漏らさずに1行ずつ、上から読んでいく、そういう思考の人間です。
皆さんはどうでしょうか。少なくとも、ぼくの上司は1,3,5,7,9,と読み進めていくタイプだと話していました。その人に言わせてみれば、なんとなく感じるのだそうです。
上司はまた特殊なタイプの人なので、ぼくのような思考タイプの人間にはおよそ参考にならないようなアドバイスばかりくださいます。でも逆に、彼はそういった勉強だけしかしらないんです。
自分が理解できそうなところだけを先に理解し、自分が知りたいところだけを先に知る。
なんて合理的なんでしょうか。

ぼくは、3を知るには先に1と2を知る必要があると考えるような人間です。
ひとまず3さえ知っておけばよい、というような思考には少なくとも現段階ではどうしてもなれそうにないみたいです。
「どうして3なのだろう?」と思うのです。急に3と言われても…これに関係しているものはなんだろう?と考えます。すると、1や2、または4なんかを知る必要があるのではないか、という結論に至ります。こうなってくると、1から順番に、理解を深めていく必要がありそうだと、そう思ってしまうわけです。

限られた時間の中で、こんなことをしている余裕はまずありません。
時間に追われながら今書いたような作業をし、時間切れになって何も学べず、何も得られず、というようなことが起こるのです。
思考パターンが変わらないかぎり、ぼくはこの先ずっとそうやって失敗だけを繰り返し、やがて行き場を失うでしょう。

思考を必要とされない、何も考えなくてもただそれだけで生きられる、そういう世界で生きるしかないのかもしれません。

00:18 | 雑記 | comments (0) | edit | page top↑

public static void main (String args[]) { }

これは何?と言われても、ぼくにもよくわかりません。
いわゆる決まり文句というやつですが、いつまでも決まり文句として認識しているワケにはいかないんですよね。

とりあえず書くかみたいな具合で編集を開始しましたが本当に書くことがありません。また土日が無為に終わってしまいました。
何者の、自分の作為すらも含まれぬ、ただ自然な時間を過ごしたといえば、それはそれでいいのかもしれませんが、なにもしないことがよいことだというわけではありませんね。

というわけで今日は3月に買ったきり余裕がなくて組み立てられなかった本棚を思い切って組み立てたのですが、思ったほど時間もかからずあっさり完成させることが出来ました。
が、一人でやったこともあってかなり歪みが多く、いつ瓦解するかもよくわかりません。1万しないくらいで買った縦長の安い本棚なので当座を凌げればそれでいいです。

いろんな制限がありますが、以前の生活と比べて格段に自由度は上がりましたし、今住んでいる部屋も割合気に入っています。
今月はお金がないのでまあそれが結構なネックにはなっていますが、本当の一人暮らしという感じはなかなか楽しいです。
お金と時間の余裕があればもっと料理もしたいんですけど、なにせやったことがないのでどちらもかかってしまいますね。とにかく無駄が多い。楽しいからいいんですけどね。

仕事にも本当は弁当を持って昼代を極力カットしたいんですが、これもまた余裕が無いというか。
ただ、近所に業務スーパーがあるのを発見し、先日行ってきたのですがまあ冷凍された肉、野菜、魚、揚げ物、なんでもありますし一つ当たりの量がめちゃくちゃ多いですね。500gとか1kgとか。
ぼくは肉以外に関しては特に原産国を気にしないので中国産の冷凍カットほうれん草500gを155円で手に入れてものすごく満足しています。
最近はパスタばっかりなので和風パスタってことでほうれん草大量に入れたりしています。しめじも買ってくればよかったな。
本当はソースから作りたいんですけど、大量に作って5日くらい保存効くんですかね。もし大丈夫そうであればガーッと作って使いたいんですけども。
ソースの作り方もよくわからないんでやってみたいですねぇ。

料理、面白いし好きなんですが、以前の生活環境でやらなかったのは調理場までの距離があったからですね。居室から調理場までかなり歩かなくちゃいけないので億劫になって室内で使ったコップすら洗うのは数ヶ月に一度とかでしたね。
基本的に面倒くさがりなので何かやろうと思ってすぐ始められない場合断念することが多いです。
今は何か作るか~と思って立ち上がってすぐそこにキッチンがあるのでそこまで面倒臭さを感じずに料理ができます。
あと友人に料理がうまいヤツがいたのでその人のクックパッドなんかを参考にしながら作ったりするとなんとなくやりがいがあります。なんのやりがいなんだか。

ああそういえばあと、ツイッターを見てくださっている方は既知の事実であろうと思いますが、春先からグランブルーファンタジーにハマってしまいプレイしています。
たぶん今までで一番金を突っ込んでいるソシャゲだと思うんですが、どうしてこんなにハマってしまったのか自分でもよくわかりません。
Rank65の割に戦力が不足している感じは否めませんが、コツコツ金をかけていきたいと思います。え?

ぼくは別に日々を頑張りたいわけではないので、今週も頑張りましょう!とか言いたくないんですが、元気には行きたいですね。
先週の終わりにうまくプログラムが動作しないまま終業してかなり落ち込んだので明日は取り返したいですね。
低気圧の割に文章が前向きになってきていますが、低気圧にも負けないようにいきたいと思います。


なんだかんだ長くなりましたがもっと書きながら推敲できる能力とか欲しいですね。
00:13 | 雑記 | comments (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。