スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

学習障害

Twitter、やはり目に毒、身体に毒、脳に毒という見解しかありません。
ぼくが見るにはあまりにも情報量が多すぎますし、自分にとって有益な情報も極めて限定的です。最初から情報のソースを絞っておけばいいものの、必要性の有無にかかわらず全て手に入れようとしてしまう。
全て手に入れたいと思ってしまうのです。

時間がないので間のグダグダしい思考を全て書くつもりはありませんが、これだけは言えるな、と思ったことを書いておきます。
ぼくはこの先、周りの成長に逆流するように醜悪になっていきます。もう始まっているんです。
ぼくは自分以外の全ての芝が青く見える。輝いているように見える。いや、輝いているんですよ。一方で、ぼくはどうか。
芝さえも生えていないような荒廃した不毛な土地。

自分の立ち位置ばかりが気になります。ぼくは別にひとのナンバーワンになれなくたっていい、オンリーワンでありたい。
しかし、そんなことも叶わない。ぼくの代わりはいくらでもいる。ぼくである必要はない。
そもそも、ぼくは不要である、邪魔である。

とまあ最近はこんな感じです。その真偽のいずれは別として。ぼくにだってそんなことはわかりません、人の考えていることなんてわかりませんから。
いつか誰かが、皆が、ぼくを陥れにかかってくるんじゃないかとそういう疑心暗鬼に駆られることが増えました。
ぼくの心に余裕がなくなってきているのでしょうか。
電子の海に呑まれようとしているからでしょうか。
2バイト文字の羅列でしかない文章にこんなにも感情を揺さぶられ、また感情を注入しようとして、ぼくはいつからこんなにバカになってしまったのでしょうか。

着飾った文章を書けているうちが花でしょうか。
今週もまた始まります。
仕事はうまくいっていないという実感です。

00:37 | 雑記 | comments (0) | edit | page top↑
あなたどこへやら | top | 理想的一般論

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。